二重・目元

二重まぶた

二重まぶた形成は最もポピュラーで人気のある施術です。長期間使い続けたアイテープにより、まぶたに負担がかかり皮膚が厚くなったり、かぶれてしまうことがあります。この状態を長期的に続けるとまぶたのたるみを早期に生じさせる要因にもなります。二重手術を行うことで慢性的な炎症やかぶれが解消され、アイメークしやすい滑らかな皮膚を取り戻せます。

腫れぼったいまぶた

眼球の周りを取り囲んでいる「眼窩脂肪(がんかしぼう)」。この脂肪が多いほど、まぶたが腫れぼったく見えてしまいます。脂肪を取り除くことですっきりとした目元になります。

まぶたのタルミ・くぼみ

まぶたのタルミには、加齢による皮膚のたるみ、眼瞼下垂があり、見た目には活気が薄れて暗い印象になりがちです。たるみを解消することで、目力がアップし若さを取り戻し、視界が広がる、疲れも取れる、額のシワも減るなどの効果が期待できます。タルミが軽度の場合は、埋没法で改善することも可能です。また、上まぶたの皮膚は薄く、年齢と共にくぼみやすい部位です。くぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。単にくぼんでいるのではなく、眼瞼下垂の症状としてくぼんでいることもあります。

目の下のたるみ・ふくらみ

目の下がふくらんだように見える方は下まぶたの脂肪が多く、加齢とともにたるみが目立ったり、ふくらみの下にクマや影が出来たりして更に年をとった印象や疲れてみられてしまいます。

目と目の幅を狭くしたい

“目と目が離れている”、“蒙古ひだで目つきがキツイ”、“幅の広い二重まぶたにしたい”という方へ。目頭切開とは、目頭にある蒙古ヒダを切開することで目の横幅を広げ大きく見せる方法です。「目頭切開」で、大人っぽい切れ長の華やかな印象に変身できます。

目の下のクマ

目の下のクマには、年齢や疲れ、肌のトラブル、骨格など様々な原因から起こります。そしてクマにも、たるみ(黒クマ)・色素沈着(茶クマ)・薄い皮膚や血行不良(赤クマ・青クマ)の3つのタイプがあります。複数の要因が原因となっていることが多いため、1種類だけでなく重なっている方がほとんどです

まつ毛が少ない・増やしたい

まつ毛の生え際に塗布するだけで、長く・太く・濃くする育毛剤です。

二重埋没法

メスを使わず、超極細の糸で2点又は4点を固定して希望の二重ラインをつくります。切開しないので、腫れも少なく、手術後元に戻す事も可能です。

二重小切開法

まぶたをほんの数ミリ切開して二重のラインを作ります。 埋没法よりも安定性があります。全切開よりも腫れが少なく、傷跡も小さく済みます。

二重全切開法

希望するラインを切開して、余分な皮下組織や脂肪を取り除くことで、二重のラインを作ります。埋没法では長持ちしない方、まぶたが腫れぼったい方や、皮膚が厚めの方、皮膚のたるみが存在する方などにおすすめです。

目頭切開

“目と目が離れている”、“蒙古ひだで目つきがキツイ”、“幅の広い二重まぶたにしたい”という方へ。目頭切開とは、目頭にある蒙古ヒダを切開することで目の横幅を広げ大きく見せる方法です。「目頭切開」で、大人っぽい切れ長の華やかな印象に変身できます。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、上まぶたを引き上げる筋肉が弱くになり、まぶたが下がって見える状態のことです。まぶたが開けやすくなることで、パッと表情まで明るくなり若々しい印象になります。さらに眼瞼下垂によって引き起こされる、肩こり、頭痛なども、手術によって解消されます。

眉毛下切開

眉毛の下のラインで余分な皮膚を切除する方法です。まぶたを切開しないので腫れも非常に少なく、自然なまぶたに仕上がります。ご自分の目の印象を変えたくない方におすすめです。

上眼瞼切開法

二重のラインに合わせて余分な皮膚を切除する方法です。まぶたに極端なたるみのある方に適しています。まぶたの脂肪を取り除くことも可能で、すっきりした二重にすることが出来ます。

下眼瞼切開法

下まつ毛の際を切開し、余分な皮膚を取り除く方法です。症状に合わせて、たるんだ眼輪筋を引き上げたり、同時に脂肪取りも可能です。タルミの下のくぼみが目立つ方は、脂肪注入との併用がおすすめです。

下眼瞼脱脂

膨らみの原因である目の下の脂肪を切らずにまぶたの裏側から取り除き、ボリュームを減らす方法です。ほとんど出血もなく、術後の腫れも少ないのが特徴です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は年齢とともに減少します。気になる部分に注入することによりボリュームを出し、お肌の張りや弾力性を保ちます。満足のいく仕上がりになるよう鏡でチェックしながら治療を進めていきます。  

医療用まつ毛育毛剤

まつ毛の生え際に塗布するだけで、長く・太く・濃くする育毛剤です。